むし歯・歯周病

むし歯

歯のことを大切に考えて治療します

京都市山科のなぎ辻デンタルクリニックでは、患者様の歯のことを大切に考えた治療を行っております。まずは痛みなどの主訴の改善から行っていますが、その後は「なぜこういう症状が現れているのか?」といった根本的な原因に着目して、最適な治療方針をご提案させていただきます。「治療中の痛みが怖い」という方もたくさんおられるかと思いますが、できる限り痛みを感じさせない優しい治療を心がけますのでご安心下さい。

「知らないうちに銀歯を入れられていた…」なんてことはありません

むし歯を治療する時には、大切な天然歯をできるだけ削らないようにします。しかしながら、むし歯の進行によっては歯を削らなければいけなかったり、神経を抜かなければいけなかったりすることがあります。そうした場合には、患者様にお口の中の現状や治療方法などをよくご説明し、ご理解いただいたうえでお選びいただくようにしています。

 

他院で治療を受けられた患者様から「知らないうちに銀歯を入れられていた…」というお話を耳にしたことがありますが、当院ではそうしたことはありません。必ず患者様に各治療方法のメリット・デメリットなどを詳しくご説明して、ご納得いただいたうえで治療を進めさせていただきます。

どうしてむし歯になるのでしょうか?

むし歯は、ミュータンス菌などの細菌が食べ物などの糖分から生成した酸によって、歯のエナメル質(歯の表面)が溶かされることで起こります。むし歯の原因は大きく分けて「歯質」「糖分」「細菌」の3つで、これらに「時間の経過」という要素が加わることで進行していきます。

「痛い!」という時は、すでにむし歯が進行しています

初期のむし歯の場合、ほとんど痛みなどの自覚症状は現れません。痛みを感じられる時には、すでにむし歯が進行してしまっている可能性が高いので、そのままにせず、お早めに当院までご相談ください。

むし歯の進行

CO(初期のむし歯) 歯の表面が少し溶け始めていますが、痛みなどの症状はありません。むし歯部分が白っぽく見えることもあります。
C1(エナメル質のむし歯) 歯の表面に小さなむし歯ができています。この段階ならフッ素塗布やブラッシングなどで治すことも可能です。
C2(象牙質のむし歯) 歯の表面の下にある象牙質までむし歯が進行しています。強い痛みはありませんが、冷たいものがしみたりすることがあります。
C3(神経のむし歯) 歯の神経(歯髄)にまでむし歯が進行しています。熱いものがしみて、ズキズキと激しい痛みを感じるようになります。
C4(歯根のむし歯) 歯冠部(歯茎の上に出ている部分)がほとんど崩壊して、神経も死んでしまっています。痛みを感じなくなりますが、歯の根っこ(歯根)にまでむし歯が進行すると、顎が腫れて激痛が起こります。

歯周病

定期メンテナンスで歯周病から歯を守りましょう

歯周病は、歯を失う一番の原因です。しかし、初期にはほとんど自覚症状が現れないため、症状に気づいてご来院された時には進行していた…というケースが少なくありません。そのため歯周病から歯を守るためには、定期メンテナンスを受けて早期発見・早期治療をはかることが大切です。「もっと早く受診しておけばよかった…」と後悔しないためにも、3ヶ月に1回、当院でメンテナンスを受けられることをおすすめします。

気になる症状はありませんか?

次のような症状がある時には注意が必要です。歯周病が進行している可能性があります。1つでも当てはまる場合には、すぐに当院までご相談ください。

歯周病のセルフチェック
  • 歯磨きをすると歯茎から血が出る
  • 歯と歯の間に食べかすがよく詰まる
  • 硬いものを噛むと歯茎から血が出たり、痛んだりする
  • 硬いものが噛みにくい
  • 冷たいものや、甘いものがしみる
  • 歯がグラグラと動く
  • 歯が浮いているような感覚がある
  • 歯茎が赤く腫れていて、指で押すと膿が出る
  • 歯茎が下がっている(歯が長くなったように見える)
  • 朝起きると口の中が粘つく
  • 歯を磨いても口臭がする

歯周病の一番の治療方法は「予防」です

歯周病の一番の治療方法は「予防」です。歯磨きなどのご自宅でのケアや、歯科クリニックでの定期メンテナンスを欠かさず行うことで、効果的に歯周病から歯を守ることができるようになります。

 

京都市山科のなぎ辻デンタルクリニックでは、歯科衛生士によるブラッシング指導やPMTCなどの専門的なクリーニングなどにより、皆様の歯周病予防をしっかりサポートさせていただきます。

歯周病予防ではプラークコントロールが欠かせません

歯周病の予防、そして症状の抑制のためには、適切なプラークコントロールが欠かせません。プラーク(歯垢)の中に潜む歯周病菌の増殖を防ぐことで、歯周病から歯を守ることができるようになります。

 

当院では、ご自宅での適切なプラークコントロールをサポートするために、正しい歯の磨き方や歯間ブラシやフロスの使い方などをアドバイスしています。

歯磨きの大切さを分かっていただくために

「歯磨きなら毎日きちんとやっている」とお思いでも、案外磨き残しは多いものです。また、ただ歯を磨くのではなく、どうして歯磨きが大切なのかをしっかりと理解して行うことが大切です。患者様に歯磨きの大切さを分かってもらい、しっかりと歯周病を予防していただくためにも、ゆっくりと丁寧に時間をかけて歯磨き指導を行っております。

 

その甲斐あってでしょうか、当院で治療を終えられた患者様のほとんどが、3ヶ月に1回の定期メンテナンスに通われて、健康的なデンタルライフを過ごされています。

お問い合わせはこちら

footer_tel.png
お問い合わせはこちら
医院紹介 院内感染予防のための取り組み 乳幼児検診実地医院 マタニティ歯科検診実施医院
医院紹介 院内感染予防のための取り組み 乳幼児検診実地医院 マタニティ歯科検診実施医院