小児歯科・マタニティ歯科

小児歯科

怖がるお子様に寄り添って優しく治療します

歯医者を怖がるお子様は珍しくありません。大人になってからも歯医者へ通えないという方は、子供の頃の「怖い」「痛い」「嫌な所」というイメージが定着してしまっているのが原因という場合も多いでしょう。

 

京都市山科のなぎ辻デンタルクリニックでは、歯医者を怖がるお子様にも安心して通っていただけるように、お子様の不安や気持ちに寄り添いながら優しく治療します。いきなり怖い治療はしません。まずは歯医者の雰囲気に慣れることから始めて、ゆっくりと「歯医者は怖くない」ということを分かってもらうようにします。

 

お子様にトラウマを与えないために

将来、お子様を「歯医者嫌い」にしないためには、「怖い」「痛い」などのトラウマを与えないことが大切です。そのため、多数う蝕があるなど痛い治療が必要な場合では、小さなお子様に限り、提携先の病院で全身麻酔を実施して一度で治療を終わらせるようにすることもあります。

 

昔のように押さえつけたり、泣きじゃくっているのに無理に治療したりすると、もう二度と歯医者に来られなくなることもあります。それを避けるためにも、お子様の状態に応じて適切な方法をご提案させていただきます。

 

交換期のむし歯にご注意下さい!

お子様の歯は、早い場合で5歳半ごろから交換期(乳歯から永久歯に生え変わる時期)に入りますが、この時期は最もむし歯になりやすい時期です。交換期に入るとどうしても歯がガタガタになり、きちんと歯磨きができなくなります。また、自立心が芽生え始めるので仕上げ磨きも嫌がるようになります。さらには歯が揺れるので、隙間から細菌が侵入して歯茎が腫れたり、膿が出たり、出血したりするなどの様々なトラブルが起こります。
このように交換期はお子様の歯の健康を脅かす危険な時期ですので、3ヶ月に1回、当院でクリーニングや歯磨き指導を受けさせてあげるようにしてください。

お子様の予防メニュー

歯磨き指導

お子様に正しい歯の磨き方をご指導するとともに、お母様など保護者の方へも仕上げ磨きの方法をアドバイスします。

フッ素塗布

歯質を強化するフッ素を歯の表面に塗って、むし歯から守ります。定期的に受けることで予防効果が高まります。

シーラント

むし歯になりやすい奥歯の溝を樹脂で塞いで、むし歯を予防します。特に生えたての歯に効果的です。

お母様・お父様へ~子供と一緒に歯を磨くようにしてください~

お母様・お父様にお願いです。お子様と一緒に歯を磨くようにしてください。お子様に「歯を磨きなさい」と言うだけでは、洗面所に行くふりをしてそのまま部屋に入ってしまったり、うがいだけで済ませてしまったりするお子様もおります。そのため、お子様と一緒に洗面所に行き、同じ時間にご自分も歯を磨くようにしてください。

そうすることでお子様に「毎日きちんと歯を磨く」という習慣を身に付けさせてあげることができます。これは将来の歯の健康にとって何よりの財産となります。

 

マタニティ歯科

安定期に入れば歯科治療は受けられます


妊娠周期によって妊婦様の体調は様々です。お一人おひとりでつわりのあるなしも変わってきます。そのため、妊婦様から現在の体調などを詳しくおうかがいし、妊娠周期も考慮して適切に治療を行わせていただきます。

 

安定期に入れば通常の歯科治療のほか、レントゲン撮影、お薬の投与などはすべて問題なく行えます。安定期ではない妊婦様につきましては、今すぐ治療が必要なのかどうかをお口の中を診て判断して、出産後でも大丈夫そうであればまずは出産に専念していただくようにしています。

 

院長を含めて当院のスタッフは全員、出産・子育ての経験がある女性です。妊婦様の心とお体に寄り添いながら、安心・安全な出産に向けてお口の健康をお守りします。

 

妊娠周期別の治療方針

妊娠初期(15週まで)
激しい歯の痛みや歯茎の腫れなどがある場合を除き、基本的には治療は控えて安定期に入ってから治療を行うようにします。

 

妊娠中期(16~27週)
この時期は安定期と呼ばれ、歯科治療を行うのに適した時期です。通常の歯科治療はほとんどすべて問題なく行えます。

 

妊娠後期(28週以降)
早産のリスクがありますので、基本的には治療は控えて出産後に再開するようにします。

安心して出産を迎えていただくために

 

安心して出産を迎えるためにも、妊娠されたら当院でメンテナンスを受けられるようにしてください。妊娠中はホルモンバランスの変化により歯周病菌が増殖して歯周病リスクが高まったり、唾液の性質が変化してむし歯リスクが高まったりします。また、つわりのせいでしっかり歯磨きできなくなることもあります。

妊娠中はお口の中で病気が発生しやすくなりますので、妊娠前以上に丁寧なケアが必要となります。

妊娠性歯周炎にご注意ください!

妊娠性歯周炎をご存知でしょうか?これは妊娠中に起こる歯周病のことで、早産・低体重児出産のリスクを高めることが分かっています。そのリスクは喫煙や飲酒の約5倍と言われています。妊娠性歯周炎は妊娠初期になりやすいので、この時期は特にお口の健康に注意するようにしましょう。
妊娠が分かった時点で当院を受診していただければ、きちんとケアして予防することもできますので、安心・安全に出産を迎えるためにもお口の健康チェックを受けられるようにしてください。

お母様がむし歯だと、お子様もむし歯になりやすくなります

妊娠中のお母様のお口の中にむし歯があると、生まれてきた赤ちゃんにむし歯菌がうつって、将来むし歯リスクの高い子になってしまう場合があります。出産後にきちんとケアしようと思っていても、子育てが忙しくてなかなか時間がとれないかと思いますので、妊娠中にお口の中を健康な状態にしておいて、安心して赤ちゃんを迎えるようにしましょう。

 

 

妊娠中のレントゲン撮影について

歯科クリニックで行うレントゲン撮影は、腹部ではなく口腔内の限られた部位に対して行われますので、お腹の中の赤ちゃんに影響はありません。また、被ばく線量も1回あたり約0.01ミリシーベルトと非常に低いので、妊婦様のお体にも影響はありません。

 

もちろん妊婦様のご希望を第一に考えますが、症状によってはどうしてもレントゲン撮影が必要になる場合があります。過度に心配して必要な検査を受けなかった結果、出産時に歯が痛くていきめなかったり、歯が欠けてしまったりすることもあります。

 

レントゲン撮影に対して不安になるお気持ちはよく分かります。でも、それによって歯の健康が損なわれてしまうこともありますので、過度に心配せず、安心して受けていただければと思います。

 

お問い合わせはこちら

footer_tel.png
お問い合わせはこちら
医院紹介 院内感染予防のための取り組み 乳幼児検診実地医院 マタニティ歯科検診実施医院
医院紹介 院内感染予防のための取り組み 乳幼児検診実地医院 マタニティ歯科検診実施医院